春にポンドクリシーのセーヌ川のほとり – ヴィンセントヴァンゴッホ

春にポンドクリシーのセーヌ川のほとり   ヴィンセントヴァンゴッホ

これは1887年にパリで作られたヴィンセントヴァンゴッホの野外作品の一つです。自然のままに、芸術家は風景のためにセーヌ川の景色を二度以上選んだ。春になると、川のほとりは特に絵のようになりました。最初の緑で繊細な春の花は喜びを引き起こし、芸術家に創造させました。

この作品では、ヴァンゴッホもセーヌ川のほとりを描いたが、少し変わったフォーマットで。川はその堤防を覆っている低木と草の密集した茂みを通してかろうじて見えます。ゴッホは特に彼を襲った春の開花を示すためにそのような構図を選びました。そしてそれは絵を作成する理由でした。彼は慎重に柔らかい緑の葉を処方し、軽い春の風から揺れます。

写真の上部全体はそれらによって閉じられていますが、それは芸術家が巧みに伝えた明るさと開放感を失うことはありません。背景にある大きな橋でさえも、ほとんど知覚できず無重力に見えます。

春の感覚はまたパステルカラーの優しいトーンの組み合わせに基づくカラースケールによっても伝わります。水面は澄んだ青い空を映し出し、前景の花は繊細な青と淡いピンクの色合いでキラキラと光っています。これらすべてが作者の春の自然からの喜び、その繊細な色合い、涼しさ、そして軽さを伝えています。



春にポンドクリシーのセーヌ川のほとり – ヴィンセントヴァンゴッホ