Jacob’s Blessing – レンブラントハーメンスヴァンライン

Jacobs Blessing   レンブラントハーメンスヴァンライン

オランダの画家レンブラント・ファン・レインの絵画「Jacob’s Blessing」。絵の大きさは173 x 209 cm、キャンバスに油彩。絵の完全なタイトルは、「ヤコブはジョセフマナセとエフライムの息子を祝福する」です。重要な旧約聖書の出来事 – ジェームズによる孫の恵み – の厳粛さは、絵の厳格な構成と明るい色によって表現されています。

レンガントは、広いガ​​チョウのストロークでペイントした後、それらを釉薬で仕上げることで、シーンにさらに深みと深刻さを与えます。各キャラクターは深い宗教的感情に包まれています。由緒ある家長であるヤコブは控えめで雄大な尊厳を特徴とし、ジョセフと彼の妻は謙虚さと敬虔な敬意をもって彼を見ています。

前景のベルベットの華やかな赤い色と深さの輝く金のターバンは、プロットの厳密な提示に全体として視覚的な明快さを提供します。レンブラントの作品の中の作品のほとんどは、人間の自然に浸透する彼の能力を反映しています。彼の現代的なピーターポールルーベンスの作品より外的に劇的ではない、レンブラントの広範な遺産はカルヴィニストホーランドの抑制された感情と信心深い精神を反映しています。

オランダの画家レンブラント・ファン・レインは、アムステルダムの強盗ピーター・スクリウス、ウィレム・シュライバー、ヴェンデラ・デ・グラフト、そして彼らの息子たちの肖像画を聖書の物語に基づいて書いています。レンブラントのキリスト教、その特定のイデオロギーは、その歴史的および社会的意義によってしばしば無視されているという問題がしばしば生じます。もちろん、ルーベンスの反改革的でルネッサンス期の絵画世界と比較した、人についての彼の考えは、厳格なプロテスタントの教義に基づいて発展しています。

カルバン主義的な「国家」教会の教義は、レンブラントの初期の思考の出発点であることは間違いありませんが、彼の作品の絶え間ない発展、テーマ、動機、芸術的信念「賢明で学んだ」のではなく、精神であり、個人の心と感情であり、制度ではありません。



Jacob’s Blessing – レンブラントハーメンスヴァンライン