Gohya-Kurakan Monastery(500 Arhats)のSadzaeの寺院 – 歌川広重

Gohya Kurakan Monastery(500 Arhats)のSadzaeの寺院   歌川広重

ラカンジー寺院は17世紀に中国から来た禅仏教の方向性の一つである小sh集に属していました。彼は、Hondze地域の東のTategawa川とOnagigawa川の間の田んぼの中にいました。ごやくら館館の建物はすべて中華風で、礼拝は中国語で行われました。ラカンジの寺院には、江戸とその国境をはるかに超えて修道院を崇拝していた500人のArhatsの彫刻がありました。

彫刻は現実的な方法で作られ、信者たちに強い印象を与えました。しかし、さらに有名なのはSadzaido神殿で、その中にはらせん階段がありましたので、それは「螺旋」神殿と呼ばれました。広重は彼をシートの右側に描いた。寺院の中には菩薩観音の百の彫像がありました。寺院のらせん階段を迂回することは、菩薩観音に捧げられたすべての日本の寺院への巡礼に相当しました。高さ10メートルのところにロータリーギャラリーがあり、そこからホンゼー地区の壮大な景色を眺めることができました。

後期の葉の色の変化は主に寺院の建物の屋根の色に影響を及ぼし、それらは濃い灰色になりました。初期のシリーズのALYに特徴的な黄色のカルトゥーシュは、三色に変わりました。



Gohya-Kurakan Monastery(500 Arhats)のSadzaeの寺院 – 歌川広重