BoreasがOreyfy – Francois Boucherを誘拐する

BoreasがOreyfy   Francois Boucherを誘拐する

フランスの画家フランソワ・ブーシェによる絵画「ボレアスはオレイフィユを誘拐する」。絵の大きさは273 x 205 cm、キャンバスに油彩。ギリシャ神話の中で、北風の神、アストレアとエオスの息子。強い翼のある男として描かれています。ボレアスの住居はトラキアにあり、寒さと暗闇が支配していました。彼の馬を振り返って、BoreasはHarpiesとEriny Boreasから12人の子馬が生まれた古代アッティカ王Erihtoniの馬と接触するようになりました。

多くの神話は、アテナイ王オレイフィアの娘のボレアスによる拉致について説明しています。Erihtoni王の娘の一人である美しいOreyfiaの手を通常の方法で手に入れることができなかったので、Boreas神は寒さと突風の北風の神々に典型的な彼の本当の性質を使うことに決めました。

この物語は、6冊目の本の中でOvidによって詳細に語られています、そして画家ブッシュのブラシは完全に古代の作家の情熱的なナレーションを伝えます。彼女が彼女の姉妹と花を摘んでいる間、暗いそして嵐の雲に隠されているボレアは、オレイフィアを誘拐する。

ボレアスはオレフィアを空中で彼女の北の王国に運びました。写真の手前の倒れた木は曲がったオークの1つです。そして、ボレアスは根で引き裂いて壊れて、王室の所有物に恐れと恐怖を置きました。オレフィアのボレウスによる拉致についての人気のある物語は、しばしばギリシャの絵画やヨーロッパの芸術で使用されていました。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

BoreasがOreyfy – Francois Boucherを誘拐する