親権を取り、十字架を背負って。祭壇の翼 – ヒエロニムス・ボッシュ

親権を取り、十字架を背負って。祭壇の翼   ヒエロニムス・ボッシュ

左外側のドア「ゲッセマネの園でイエスを監獄に入れる」右外扉「十字架を担う」トリプティク「聖アントニウスの誘惑」の外側の翼はグリサイルの技法で作られています。

彼らはキリストの受難の場面を見せています。ユダが30人の銀細工師と共に急いでゲツセマネの園を去る間、大祭司の寺院の看守と召使いは、三連奏戦場の左翼にある聖アントニウスの悪魔と同じくらい激しくイエスに襲いかかります。保護者の勝利の眺め。

前景の使徒ペテロは刀を上げて戦士たちと一緒にやって来た奴隷の耳を切り落とした。これとそれに続くキリストの受難を描いた場面は、物語的な方法でそして劇的な詳細で書かれて、祭壇の内側の扉の難解な空想とは著しく対照的です。

「十字架を運ぶ」という構成は、人間の情熱を特別な力で描くというボッシュの贈り物を表しています。有罪判決を受けた配偶者を告白する僧侶の身振りは、並外れた表現力で罰せられる。左側の手前の強盗の顔は絶望的だ。右側には十字架の重さに陥り、ゴルゴタへの行列を止めたイエスがいます。Saint Veronicaは彼の顔から汗を拭くために救い主に駆けつけます。

死刑執行人にとって、この遅れは激しく抑制された激怒につながる。すぐ下で、強盗は彼らのローブでフード付きの修道士を告白します、そして、ボッシュは巧みにこれらの聖職者の反発的な外観を伝えます。



親権を取り、十字架を背負って。祭壇の翼 – ヒエロニムス・ボッシュ