自画像 – ヒエロニムス・ボッシュ

自画像   ヒエロニムス・ボッシュ

Иероним Босх – 9 августа 1516, там же), нидерландский художник, один из крупнейших мастеров Северного Возрождения. Босх принадлежал к роду потомственных художников; один из его предков был родом из Ахена. Мастерская ван Акенов выполняла самые разнообразные заказы – в первую очередь, это стенные росписи, но также золочение деревянной скульптуры и даже изготовление церковной утвари. Не удивительно, что Босх выбрал в качестве псевдонима усеченное имя родного города.

彼の初期の作品はいくつかの原始性を欠いていません。しかし、すでに彼らの中には、自然の生命に対する鋭く不安な感覚が、人々の描写における冷たいグロテスクさと組み合わされています。1480年頃、ヒエロニムス・ボッシュは地元の裕福で崇高な家族の一人であるアリュー・ゴヤルト・ファン・デン・メルヴェーンと結婚した。持参金としての彼女の重要な個人的な財産はボッシュに譲渡されました。この結婚を通して、ボッシュは地元の貴族の悪循環へのアクセスを得ました。ボッシュの比較的少数の生き残った作品のうち、署名されているのは8つだけで、アーティストによる日付はありません。

文体的には、ボッシュの作品は初期、中期、後期に分けられます。ほとんどの場合、これらは道徳的で教訓的な内容の小さな写真です。同じ年に、「七つの致命的な罪と最後の四つのこと」という寓意を描いた塗装卓上が作られました。荒々しいユーモアに満ちたジャンル寓意的なシーン。不条理な人類状態に対する画家の不安は、すべての汚物に染み込んでおり、芸術家の絵画の中で優位を占めています。

真の生活、苛性的な風刺、そして複雑で暗い象徴性、そして唯一の風景の距離の中で、宇宙の神の調和の中で固有のJan van Eyckの喜びを保存しました。ヒエロニムス・ボッシュは、ノースフランダースの地域コミュニティエリートを結束させて、同胞団の一員でした。聖母マリアの崇拝に捧げられた同胞団はまた慈悲の業に従事していました。アーカイブ文書では、ヒエロニムス・ボッシュの名前が何度か言及されています。彼は、画家として、同胞団の祭祀行列や儀式用秘跡のデザインから聖ヨハネ大聖堂の同胞団の礼拝堂のための祭壇の扉の執筆まで、さまざまな命令を託されました。40×30 cmの自画像サイズは成人期にボッシュによって書かれました、材料は鉛筆とsanguineです。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

自画像 – ヒエロニムス・ボッシュ