聖ヨハネパトモス島の神学者 – ヒエロニムス・ボッシュ

聖ヨハネパトモス島の神学者   ヒエロニムス・ボッシュ

若い使徒ヨハネは、皇帝ドミティアヌスが彼を追放したパトモス島に描かれています。そして彼が黙示録を創作した場所は、おそらくこの本は彼の膝の上にあります。彼の弱々しい視線は彼にやって来たビジョンに向けられています:「妻は太陽をまとい、月は彼女の足の下に…」。天使は、そのスリムな姿と半透明の翼が地平線上にあるオランダの都市の幽霊のような曇りのあるパノラマよりもはるかに充実した外観ではないように見えます。

この話に目を向けた彼の前任者たちの影響を受けたボッシュは、今度は悪魔の契約の彼の像を放棄しました。ジョンが「栄光の中で」聖母マリアの出現を喜ぶ牧歌的な設定。

絵の右下隅にボッシュが描いたモンスターは、完全に、神学者ヨハネによって与えられたバッタの聖書の記述の中に入ります。

しかし、その邪悪な悪は、ボードの外側の裏側に復讐します。そこでは、深海魚のようにりん光するグリザイ技法で書かれた悪魔とモンスターの流れが、直径39センチの二重円の上に注がれます。内側の円の中には、カルバリーのイメージが繰り返されていて、象徴的に岩の形で示されています。その上にペリカンが巣を抱いていました。

この鳥は、一般的な考えによれば、自分の胸から叩いて雛に血を流しているという、キリストによってなされた犠牲の伝統的な象徴です。キリストの最愛の弟子、ジョンに捧げられたパネルの逆のケースにペリカンを置くことは非常に適切でした。ダンテによれば、「神のペリカン自身の胸に頭を置いた」。

ジョンの視線の方向から判断すると、「パトモスの聖ヨハネ」は失われた三部作のサイドフラップであると思われます。



聖ヨハネパトモス島の神学者 – ヒエロニムス・ボッシュ