神聖な隠者 トリプティク – ヒエロニムス・ボッシュ

神聖な隠者 トリプティク   ヒエロニムス・ボッシュ

Иероним Босх часто избирал темой своих картин жития святых. В отличие от традиций средневековой живописи Босх редко изображает сотворенные ими чудеса и выигрышные, зрелищные эпизоды их мученичества, которые приводили в восторг людей того времени. Художник прославляет “тихие” добродетели, связанные с самоуглубленной созерцательностью. У Босха нет ни святых воителей, ни нежных дев, отчаянно защищающих свое целомудрие. Его герои – отшельники, предающиеся благочестивым размышлениям на фоне пейзажей.

ボッシュが彼の経歴の真ん中に書いた三部作「The Holy Hermits」には、このテーマの3つのバリエーションが描かれています。3人全員の命は、「キリストの模倣」という論説、絶え間ない祈り、そして敬虔な思い出の中で歌われた、肉体の禁欲的な理想と死を反映しています。トーマス・ケンピスキー:「スケートに引退した聖なる父親の人生は、どんな種類の自己否定です!彼らが戦わなければならなかったどのような長く苦痛な誘惑!彼らの悪魔はどれほど頻繁に彼らを乗り越えました!彼らの精神を向上させるために!彼らが示したどんな勇気、彼らの悪徳との戦いをリードする! ” おそらく、Bosphus三部作の創設はオランダの神秘的なJan van Reisbroekによる「最高の真理の書」に触発された。JeromeとAegidiusは、最高の真実への3度の上昇を体現しています。Triptych “Holy Hermits”はひどく損傷した状態にあります。

中心部です。”聖ジェローム”。写真の中で、聖ジェロームは十字架に目を向け、周りに散らばった異教徒の寺院の遺跡と、前景での致命的な戦いにしがみついている2つのモンスターで具現化された悪の勢力から彼の中に避難と救済を見つけます。聖ジェロームの図像はかなり伝統的です – はりつけ、枢機卿の服、砂漠。しかし、ボッシュは彼を慣習的であるように思慮深くない賢明な老人として描写しているが、卑劣な禁欲主義者として描いている。ジェロームは異教徒の寺院の廃墟の中で祈ります、そして彼の周りには悪のシンボルがたくさんあります。左ケースメント “聖アンソニー”。左の判決では、聖アンソニーは恋をしている悪魔の猛攻撃に抵抗し、彼を誘惑しようとしています。

聖アンソニーは、彼の人生の大部分をエジプトの砂漠で過ごしたボッシュに最も近い聖徒の一人です。燃えるような村の輝きで地平線に照らされた夜の風景を背景に、聖アンソニーは悪魔の女王 – 裸の女性の誘惑に抵抗します。彼女は魚、孔雀そして醜い小人を装った悪魔に囲まれた乾燥した木の近くの池に立っています。正解です。「聖エジウス」。右側には聖エジデウスが描かれています。聖エジウスは礼拝堂としての役割を果たす洞窟の中に座り、祭壇の前で祈ります。彼の胸から突き出ている矢は、彼自身の胸でハンターの矢から彼女を保護して、彼の最愛の鹿を救ったこの聖人のイメージの伝統的な属性です。

7世紀の仙人である聖エジウス、cri criと乞食の守護者。彼は洞窟の中で祈り、矢が胸から突き出ています。ハンターは足で横になっている聖ドウを狙ってそれを狙いました、そして彼は自分の体でドゥを覆いました。ダマジカは聖人の属性です。Egidiusは、罪の赦しの奇跡でも有名でした。そこでは、人が告白するのは困難です。Aegidiusの助けを借りて、天使は教会での奉仕の間に罪人に告白の小さなメモをもたらし、そして罪は赦されました。



神聖な隠者 トリプティク – ヒエロニムス・ボッシュ