忠誠のアレゴリー(信仰のアレゴリー) – David Teniers

忠誠のアレゴリー(信仰のアレゴリー)   David Teniers

エルミタージュ美術館の目録では、その絵は「虚栄心の虚栄心」と呼ばれていました。ワルシャワはその計画を明確にした:「慎重さの寓意、地上の虚栄心を征服する」。ワルシャワによると。実際、TeniersはオリジナルのVan Dyckから、下の2つのキューピッドと上の3人の天使の数字を借りました。

Van Dyckのこの寓意的な肖像画の構図と図像は、テニエの絵画で主に使用されていました。それはバロック時代の特徴的な多数のシンボルであふれているので、それはTeniersのために珍しいです。例えば、蛇と絡み合っている透明な球の作品の一番下のイメージは、キリスト教の美徳によって打ち負かされた罪の象徴です。Van Dyckの寓意的な肖像画とTeniers Hermitageの絵の図像を詳しく調べたde Jongによると、「女性は卑劣な世界を象徴するガラス玉の上に足を傾けて」

女性によって拒絶された無駄な、この世の世界のイメージは、ボールの上の窓の反射によって強調されます。彼女の右手の肘の下に頭蓋骨があります。この死の兆候や、テーブルの右下隅の台座の上に横たわるその他の物は、静物画「Vanitas」の属性です。De Yongは、ここの芸術家が「死を征服する信仰」の概念をほのめかしていると考えています。

Teniersの写真では、右手の人差し指を持つ女性がイヤリングの真珠に触れています。彼女は左手で首の周りにぶら下がっているネックレスの真珠を持っています。ネックレスの下に、もう1つの大きな真珠が見え、ペンダントの上に胸を飾っています。de Jongによると、これらの身振りと敬虔な目で、「図は天を彼の信仰の真珠に見せます」。これが”福音の真珠”です – マタイによる福音書で言及され、本の中でフランシス・デ・セーラムによって解釈されているモチーフです。左下には、2つの軽薄なプッティ、一種のエロスとアンテロスがあります。それらのうちの最初のもの、エロスは手に矢印が付いていて目隠しをしているキューピッドとして示されている。第二に、蝶の羽を持つキューピッドの双子は、明らかに無知や不信を意味するフェージングトーチによって保持されています。この世の愛を象徴するエロスとアンテロ

構成の一番上に、天の愛を象徴する3人の天使が見えます。そのうちの2人は、花の花輪で慈悲深い女性を戴冠させます。Cesare Ripaによれば、3番目の天使は燃える聖火を持っています、「信仰を通して心を啓発する」。Ripaによると、天の声を聞く女性の耳の中にある「福音の真珠」のテニエ像で証明されているように、「聖なる信仰」は聴覚を通して知覚されます。間違いなく、Teniersは1644年にDirk Persianによってオランダ語で出版されたCesare Ripaの “Iconology”の本に目を向けました。ワルシャワ。テニエとフェルメールはそれぞれ、信仰の寓意の個々の属性を独自の方法で解釈しました。

テニエ以上のフェルメールは、リパの指示に従った。テニエは象徴的なサンプルを使ってずっと自由だったので、エルミタージュの絵はde Jouneが彼の記事で行ったように「Allegory of Faith」と改名する必要はありませんが、字幕としてこのタイトルを付けるのはかなり正当です。



忠誠のアレゴリー(信仰のアレゴリー) – David Teniers