世界の創造と十二使徒の評議会との7つのエキュメニカル協議会

世界の創造と十二使徒の評議会との7つのエキュメニカル協議会

4つのレジスタの構成 頂上の中央には、力の中の祖国が描かれており、その両側には創造の6日間があります。-1、2、およびIII上の2番目の登録簿で、3番目の登録簿 – IV、V、およびVIのEcumenical評議会。下部レジスタの中央にはVIIエキュメニカル評議会があり、その側面には6人の使徒がいます。

最後の第七を除く大聖堂の構成も同じように作られています。階段を上ったところにある寺院の前に、それぞれの大聖堂の主な行為と同様に神聖な階層を持つ皇帝が座っています。王座の上のVII大聖堂の構成において – 皇帝と皇后、そして来るべき聖なる父親たちと他の存在と共に。

アイコンは19世紀後半のPalekh絵画の記念碑です。図像的な興味を表し、芸術的価値を持っています。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

世界の創造と十二使徒の評議会との7つのエキュメニカル協議会