Juno – Benvenuto Cellini

Juno   Benvenuto Cellini

有名な芸術家マナー奏者のチェリーニは、高級宝石商、彫刻家、彫刻家、作家として有名になりました。チェリーニはフィレンツェで生まれ、若くして成熟した年の間に、イタリアを広く旅し、ローマ、ピサ、ヴェネツィアで働きました。1545年以来、チェリーニはパリのフランシス1世の宮廷宝石商でした。芸術家はしばしば王と皇帝の命令を実行し、それゆえにしばしばスキャンダルな物語に陥る非常に明るい人生を送った。そのうちの一人によると、Celliniは教皇の王冠を飾っていた貴重な石を盗んだとされ、そのため彼は投獄されました。

Celliniは美学、彼の作品の純粋な美しさ、そしてもちろんそのパフォーマンスのテクニックに焦点を当てていました。イメージをより表現力豊かにするために、マスターはマナー奏者の典型的なテクニック – フォームを引き出すことと対照的な色合いを使うこと – を使いました。Celliniの作品の最も顕著な例の1つは、Francis I. の委託を受けたキャスターです。マスターは、4年間かけて金、エナメル、貴石を使用しました。ソルトシェイカーはネプチューンとセレスの数字で構成されており、足をインターレースすることでつながっています。神々のイメージは、2つの原則 – 地球と水、そしてそれ自体が塩を生み出すことの一致を象徴しています。

最も有名なグラフィック作品Celliniは、黒いチョークで作られた絵「Juno」です。右側には、もともと芸術家によって作られたトリミングされた碑文があり、次のように翻訳することができます:「Juno /銀でできた/人間の成長よりも背が高い/パリのFrancis /木星だけが終わらなければならない」この碑文は、現在はまったく意味がないように思われますが、Celliniが回顧録で繰り返し指摘している大作について語っています。確かに、1540年に、チェリーニは古代の神々と女神の彫像の形で作られた高さ12人の燭台のセットで飾られることを彼の宮殿が飾られたことを望んだフランシスIから大きな注文を受けました。

仕事を始める前に、Celliniはたくさんのスケッチを作りました。そして、それらの各々は現在芸術作品として認識されています。さらに最近では、銅像が発見され、この発見によって「Juno」は図面の中にしか存在しないと科学者たちは主張することができ、そしてこのスケッチによれば続いて彫像が投げかけられました。

長い間、この絵は、フィレンツェの宝石商と彫刻家としてよく知られていたCelliniによる唯一の生き残ったグラフィック作品であると信じられていました。しかし、この絵では芸術家の絵画的なやり方がはっきりと見えています。黒いチョークによるぼかしと絵の硬い線は、より正確に金属の色を伝えるために彼によって作られたものです。

Benvenuto Celliniの作品の多くは保存も破壊もされていませんが、彼の生き残った作品は当然のことながら世界の芸術の宝庫に属しています。



Juno – Benvenuto Cellini