ロザリオの老婦人 – Paul Cezanne

ロザリオの老婦人   Paul Cezanne

「……マリア・セザンヌの調停で、彼女は半ば狂った修道院の門番と連絡を取りました。彼女は修道院から逃げ出し、今やあちこちにあちこちに現れて、荒々しく放浪しています。

彼女が餌をやるのを助けるためにそして彼が必要とする性質を得ることに加えて、セザンヌはこの女性に彼のためにポーズをするよう頼みます。彼は彼女の肖像画を書いています。芸術家の前には頭を下げて曲がった老婦人が座っている。手は大きなビーズを通り抜け、目は空になり、同時に滑ります。

青と赤を調和させて組み合わせたCezanneは、「ロザリオの老婦人」 – そのような本物の、そのような痛みを伴う絶望が具現化されている – アーティスト自身の運命のイメージ – を書いています…



ロザリオの老婦人 – Paul Cezanne