バラ、チューリップ、イルカ、シャクヤク、水仙の花瓶 – Charles-Joseph Nowd

バラ、チューリップ、イルカ、シャクヤク、水仙の花瓶   Charles Joseph Nowd

フランス啓蒙主義の厳格な美学、一般的には静物のジャンルは文句を言わず、それは後の時代は言うまでもなくその時代のまれな芸術家である “低”ジャンルの芸術に帰せられたという事実にもかかわらずそれを試みなかった。はい、そして罪は生花、その美しさと魅力の奇跡的な奇跡に触発されていません。こことフランスの芸術家Charles-Josephは1882年に絵画の一つでNowdを訪れ、さまざまな花の世界で観客を感動させようとしました。

あなたがこの絵を見るとき、あなたは写真的に正確で、注意深くそして慎重にすべての詳細が書き出されることに驚いています、ほとんどの生理学的にあなたはそのような豊かな花束の香りと香りを感じます。

当時の印象派の人気は本格化していましたが、Noudの芸術スタイルは印象派とはかけ離れています。それはまさに明瞭さであり、線のぼやけではありません。それは絵画の愛好家にとって特に重要です – まず第一に古典を育てられ、現代主義の実験を容認しない人々にとって。

尊厳が本物の花束に印象的に似ているかどうかについて議論することはできますが、細工職人の芸術家を否定することはできません。



バラ、チューリップ、イルカ、シャクヤク、水仙の花瓶 – Charles-Joseph Nowd