トリプティク「花」 – ミハイルヴルベル

トリプティク「花」   ミハイルヴルベル

1890年代の期間は、マスターの仕事とインテリアデザインに関する大規模なカスタム作品の実行に注目されました。オムスク美術館のコレクションには、記念碑的な装飾美術におけるVrubelの実験の素晴ら​​しい例が含まれています – エレナDmitrievna Dunkerのモスクワの大邸宅のための三部作「花」。天井の空間を解決するためにデザインされた壮観な構図は、絵のように美しいパネルで構成されています。

この作品は芸術家の才能、思考の独創性と普通の美を見る能力を明確に示しています。アートで最も人気のあるモチーフの1つであるフローラの贈り物に目を向けて、ヴルベルはテーマの彼自身の解釈を提供しました。彼が作成した画像は、自然が世界に与える詩的な美しさの象徴として、それほど美しくて本物の花ではありません。当然、芸術家はそれらの背景として夕方の庭の贅沢な緑ではなく、崇高な空の神秘的な夕暮れを選びました。

はっきりとした絶妙な色のパターンは、それらを結晶構造の表面に、同時に活力と動きに満ちた顔にたとえます。控えめな色彩の高貴さと、はっきりとした一筆書きで絵の具を塗るテクニックを組み合わせることで、絵は貴重な石のモザイクに似たものとなります。

Vrubelは二重の発見をしています:自然界では、幻想的な側面はまだ誰にも気づかれていません、そして古い「従来の」芸術 – 活力とリアリズム。現実への献身は彼の信仰の象徴である日の終わりまで残るでしょう。彼の多面的な結晶形と同様に、彼は自然のものの構造で見つけたので、彼は自然から彼の並外れたカラフルで魅惑的なカスケードを誘拐しました。彼はツツジ、バラ、蘭の花、アイリス、夕焼けのベルベットパープルの雲、黄金の夕空、岩石や宝石、真珠の母、鳥の羽、雪と水からそれらを取りました。N. A. Prakhovは思い出した: “金属の輝き、そして特に貴石の色の演劇は常にVrubelを魅了しました。

彼はRosmitalskyとDakhnovichのローンオフィスで、どこでも金属と貴石を観察することができました。ここでこの貸出金庫で、Vrubelはガラスケースを通して宝石商によって置かれた様々な宝石を調べるだけでなく、それらを一握りで持っていって、そして予期せぬカラフルな組み合わせを賞賛しました。それは彼に大きな喜びを与えました – トーンの比類のない純度と明るさを魅了しました。石の材料的価値は、ここでは何の役割も果たしませんでした。同じ興味を持って、ヴルベルは私の姉が空想のロシアの衣装のためにココシュニクをトリミングしたときにある手のひらから別の人造石に注ぎました。」


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

トリプティク「花」 – ミハイルヴルベル