デイマン博士の解剖学の授業 – レンブラントハーメンスヴァンライン

デイマン博士の解剖学の授業   レンブラントハーメンスヴァンライン

写真の寸法上、それは1723年の火事の間にひどく損害を受けたオリジナル版のわずか4分の1を表します。

結果として、Deyman博士は斬首されたかのように死体の後ろに立っています。Dr. Deimanは、Nicholas Tulp博士の後に解剖学のコースを指揮しました。この厳粛なグループの肖像は、以前の解剖学の授業と同じ目的を果たすことでした。

Deymanが1656年1月に開催しました。今回は、レンブラントは以前よりも正確にそのシーンを描きました。最初に、胃が開かれて内臓が取り除かれました。デイマンは脳の構造を示し、頭蓋骨から取り除かれた皮膚は髪の毛の衝撃のように顔の両側にぶら下がっています。遠近法で描かれた脚は素晴らしい視覚的な装置ですが、大きなオリジナルではそれほどキャッチーなものではないでしょう。この重要な命令にもかかわらず、レンブラントは1656年に倒産した。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

デイマン博士の解剖学の授業 – レンブラントハーメンスヴァンライン