セルフポートレートII – ヴィンセントヴァンゴッホ

セルフポートレートII   ヴィンセントヴァンゴッホ

この自画像は1887年にパリで書かれました。パリ時代は作家のスタイルの探求、新しいアプローチの出現、以前のものとは根本的に異なる見方の出現、絵画スタイルの変化によってヴァンゴッホに指定されました。この作品では、彼は、ポール・シニャックとのコミュニケーションの結果として流された点描の技法に目を向けました。

ゴッホは伝統的な構成と視点を選び、キャンバスの空間にバストの肖像画を調和させて配置します。彼は鏡の中を注意深くそして強く見て、半回転で自分自身を描いています。彼の顔の表情は楽しいものではありません、それはあるうつ病と疎外感を読みます。

メインの濃い青の背景色は、最小のコンポーネントに分けられます。作者は彼の中にたくさんの色合いを見つけ、それらを純粋な明るい色調の小さな点の助けを借りて組み合わせます。顔も色鮮やかで絵のように表示されます。光の下では、肌色は冷たくなり、半影の中では、赤とオレンジのほぼ熱い色合いになります。作家のあごひげと口ひげは、キャンバスの色をできるだけ強調しようとするので、キャンバス上で最も明るいところです。服の色もドットで構成されています。表情は非常に微妙にそして真実に伝えられます、特に注意が目に払われます。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

セルフポートレートII – ヴィンセントヴァンゴッホ