グレーフェルトIIIの自画像 – ヴィンセントヴァンゴッホ

グレーフェルトIIIの自画像   ヴィンセントヴァンゴッホ

ゴッホは常に描画技術の向上を目指してきました。このために、彼はしばしば友人や知人の肖像画を書きました、そしてモデルが見つからなかったとき、彼は自分自身を描きました。特にこの目的のために、芸術家であるアルルに引っ越してきたことが、新しい鏡を手に入れたことさえ知られています。しかし、彼の自画像のほとんどはまだパリにあります。

1887年から1888年にかけて書かれたこの自画像の中で、ゴッホは自分自身を青いスーツとグレーのフェルト帽で描いた。作曲とプロットでは、絵は以前に書かれた「麦わら帽子の中の自画像」を反映しており、そこでは芸術家は自分自身を簡単なブラウスと農民の頭飾りで描いた。このテーマを変えると、ここでヴァンゴッホは紳士服の中で立派な男のように見えます。

ゴッホは技術を試しています。画像の中で彼は対照的な色を使い、長いストロークでキャンバスに載せています。顔の上では、これらのストロークは鼻の先、真ん中に向けられています。これはゴッホの顔の表情をより集中的かつ真剣にする。

この自画像の際立った特徴は、暗い背景色の汚れによってアーティストの頭の周りに作成される一種のニンバスになりました。しかし、ゴッホは自分自身をハローのように見せることを目標としていませんでした。これは革新的な筆記法の応用に関する実験の結果です。芸術家自身がその効果を非常に成功したと考え、そして後で他の作品にそれを適用しました。



グレーフェルトIIIの自画像 – ヴィンセントヴァンゴッホ