オフィス(Rabbi)の科学者 – レンブラントハーメンスヴァンライン

オフィス(Rabbi)の科学者   レンブラントハーメンスヴァンライン

彼のオフィスの科学者を代表して、レンブラントはフランダースの17世紀のフランダースの人間のイメージのタイプを使用します。しかし彼は、フランドルの巨匠とは異なり、モデルを装うという感覚を避けることに成功しています。そのため、形式的な特徴を失った絵はより自然になります。

最大限の活力のために努力して、レンブラントは正確に講師の上の巨大なフォリオの位置と科学者の視線におけるわずかな不満を伝えます。数年前の1629年、ライデンでは、芸術家はすでに似たような計画に目を向けていました。彼は科学者の描いた肖像画を依頼した。

経験を書き直した後、マスターはイメージを豊かにしました:提示されたキャンバスに、ただ真剣で教育を受けた知識人だけでなく、賢い老人生存者。絵画のために珍しいと非常に絵のようなモデルを選んだ。現時点では、芸術家は裕福な商人Eilenbyurhと知り合いであり、アムステルダムゲットーのユダヤ人はしばしば彼のために提起しました。この肖像画は「ラビ」とも呼ばれていました。この作品ではロンドンのキャンバスと比較して、表現の武器はレンブラントが使用することを意味し、複雑になります。光の効果は、強力で印象的なままですが、より洗練されたもの、そして絵の色付け – 暖かさと貴族 – を獲得します。

画家的なマナーも驚くべき技能によって際立っています:塗抹標本はその特徴を明らかにして、形に厳密に置かれます。芸術家は、すでに老いている人の手の黄色がかった肌の柔らかさ、本のシートの滑らかな表面、そしてテーブルクロスのゆったりとした生地を、ほとんど明らかに伝えることができます。肖像画は心理的特徴の深さとモデルの内的世界への誠実な注意を征服し、偉大なオランダの画家の成熟した作品と後の作品を区別します。



オフィス(Rabbi)の科学者 – レンブラントハーメンスヴァンライン