Vulcan’s Forgeのアポロ – ディエゴベラスケス

Vulcans Forgeのアポロ   ディエゴベラスケス

絵は、ギリシャ – ローマ神話からのプロットです。アポロは彼の妻、美しい金星がバルカンに忠実でないことを報告するためにバルカン、神と鍛冶屋にやって来ました。それはバルカンが恥ずかしがり屋で醜いと言ったに違いありません、そして、金星、彼の妻は、常に彼女の夫をだましました。

芸術家はプロット全体を普通の人々の普通の生活として描いた。我々は偽造を見ます、我々は仕事でスペイン人を見ます。バルカン洞窟の代わりに、鍛造の奥に美しく描かれた炉があります。ピンク – オレンジ – 黄色の明るい炎が見事に伝えられた。

ちらつく火花さえも見えます。色の全体的な色調 – 明るい茶色の色調、黄色の色合い、そして茶色と赤 – 太陽の神のマント、鉄板、限界まで熱い、熱い炎のイメージ。空の鍛造とは対照的に、アポロの花輪は灰色がかった青のペンキの色合いの範囲で描かれています。



Vulcan’s Forgeのアポロ – ディエゴベラスケス