Tangierの窓 – アンリ・マティス

Tangierの窓   アンリ・マティス

1906年、マティスは初めて「自分の目で砂漠を見る」ために、彼自身の許可を得て北アフリカを訪れました。1912年に彼は二度そこを旅行した。モロッコへの最初の旅行の数年前に、芸術家はパリで展示されたアフリカの彫刻に深く感銘を受けました。

1910年に、彼はミュンヘンでイスラム美術の展覧会を訪問し、その後この国の文化の中で「ムーア人の痕跡」を求めてスペインを旅した。モロッコでの長期滞在中、マティスは北アフリカの自然と色に魅了されました。

ここで彼は有名な絵画 “Tangierの窓”と “Casbianへの入り口”を描いた。注 – 彼の「アフリカの」絵画のシリーズでは – そして「モロッコの風景」と呼ばれる三部作。以下は、この三部作、モロッコの庭園の一部で、雨季の間の地元の自然を表しています。このトリプティクの他の2つの部分は同じ土地を描いていますが、容赦のない太陽に焦げています。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

Tangierの窓 – アンリ・マティス