Sugatamihashi Bridge、Omo-Kagehashi Bridge、Dzyriba – 歌川広重村

Sugatamihashi Bridge、Omo Kagehashi Bridge、Dzyriba   歌川広重村

彫り物の手前の橋は、おまかげはしと呼ばれています。神田水水道を通って移動します。彫刻の背景にある小さな橋は、おそらく菅波橋です。それは明らかに葉の奥にある、氷川明心の志摩神社に通じています。それは1735年に将軍徳川吉宗の力によって建設されました。

その周りには「小石の採石場」を意味するDzyribaの村の家がありました。それはおそらく小石のある地域に建てられたのでしょう。村は広大な水田に囲まれています。地平線上では、樹木が茂った丘の前で、芸術家は様式化された黄ピンクの雲を描いた。

地域の細部や特徴はすべて地形的な正確さで容易に認識できる。後の版のシートの様式化された雲の色は劇的に変わります。明るいピンク色から濃い紫色への彫刻が遠くの計画に削除されるとトーンの段階的なグラデーションが発生します。



Sugatamihashi Bridge、Omo-Kagehashi Bridge、Dzyriba – 歌川広重村