Sudzikai – 歌川広重のゲートからスクエアエイトストリート

Sudzikai   歌川広重のゲートからスクエアエイトストリート

門の向こうには、スジティガイモンが火を防ぐのに役立った広場でした。八つの道はそこから出発しました、それ故に名前 – 八光寺: “八通り”。日本では、彼らは何かのセットを示すために数字の8を使用しました。当時の地図では、実際に10本以上の通りがあったことがわかります。

この彫刻の特徴は、広重が鈴貝五門で広場の中央部を描いていないことです。芸術家は、門から見える活気のある場所、西平橋のセキュリティブースを見せたが、橋自体は見えなかった。ヨーロッパの広場とは異なり、日本の都市の広場は人々の集まりには役立たず、通り過ぎていました。左下にある – 赤い布で覆われた駕籠に位置するdaimyosの妻の行列。行列は女性のしもべによって導かれます。

右下 – 茶室の屋根、そして左上 – 侍の住居。海岸に沿って柳が植えられています。神田川のもう一方の岸には、神田神社の神社が見えます。正方形のcartouche – カメの貝の透明なパターンで。シリーズの他の多くのシートのように、この彫刻の後のバージョンはより濃い色です。さらに、芸術家は正方形のカルトゥーシュの黄色い背景を赤に置き換えました。



Sudzikai – 歌川広重のゲートからスクエアエイトストリート