Skinned Bull Carcass – レンブラントハーメンスヴァンライン

Skinned Bull Carcass   レンブラントハーメンスヴァンライン

レンブラントが大胆な芸術的実験を行う理由は、珍しい動機が原因となることがよくあります。これらの実験の1つの例は、パリのルーブル美術館から「皮のある雄牛の死体」と題された写真として役立つことができます。

この作品は、実際には、古典的な静物です – まさしく、文字通りの意味でのフランスの表現「自然モルテ」。時にはこの種の絵画は「バニタス」の範疇に属します – 地球上の存在の弱さ、死の不可避性、そして神の力を人に思い出させるようにデザインされた作品。だからこそ、レンブラントは自分自身を可能な限り正確に「カーカスインセクション」で描くという目標を設定していませんでした。この意味で、彼は逆に動物を復活させます。それから特別な魅力。

理解できない方法で幅広く、濃く、薄く、ほぼ透明な塗抹標本を交替させると、骨、組織、皮下脂肪、血液、さらには最近生きた雄牛の匂いさえも「回復」します。巨大な死体は、開いたドアをのぞいている女性の小さな姿と比較して本当に巨大に見えます。その外観は神聖で教訓的な場面を日常生活のランクに減らします。「皮を剥がされた雄牛の死体」は、コピーの対象となり、そして多くの世代の芸術家の彼ら自身の解釈の主題となるでしょう – ドラクロワからドーミエまで、シュテンからベーコンまで。



Skinned Bull Carcass – レンブラントハーメンスヴァンライン