Simeon in the Temple – レンブラントハーメンスヴァンライン

Simeon in the Temple   レンブラントハーメンスヴァンライン

この委託作業は1661年に始まったが、1669年の彼の死までレンブラントの工房では未完成のままであった。絵は成就した預言のプロットに書かれています。シメオン長老は、「キリストに会うまで死を見ることはないでしょう。主よ」と予告しました。そして、マリアとヨセフがイエスを神殿に連れて行ったとき、彼はついに彼に会いました。レンブラントはすでにこのトピックに関する優れたカスタマイズ版を作成しました。

そこでは、行為は寺院の高いアーチの下で起こり、仕事自体は青春時代、成功および名声の特徴である詳細な方法で実行されます。ここでは、作業が終わっていないので、近年の自由な書き方が特に顕著です。これは、中途半端な老人が包まれた幼児を腕の中で横に振る瞬間に集中します。



Simeon in the Temple – レンブラントハーメンスヴァンライン