Sibilla Klevskaya王女 – ルーカス・クラナック

Sibilla Klevskaya王女   ルーカス・クラナック

Sibilla Klevsky王女の肖像画、あるいは「花嫁の服装のSibilla Klevskaya王女」という画家ルカス・クラナックが1526年に書いた。ザクセンの新郎ヨハン・フリードリヒの肖像画と対になった絵です。縦サイズ55 x 36 cm、木、油。ヨハン・フリードリヒは、選挙人の兄弟フリードリヒ・ザ・ワイズ、ヨハン・ザ・コンスタンの息子でした。彼は幼い頃からルーカスクラナハの世話をしていました。

Johann Friedrichが年上になると、将来の妻が選ばれました – 14歳のClevesのSibylla、Duke Johann IIIのPeacemakerの娘。Lucas Cranachは大使館で花嫁の父親と一緒に行き、彼女の肖像画を描きました。低成長、優雅なシビラ、そして才能あふれるヨハン・フリードリヒが揃ったペア。叔父のフレデリック・ザ・ワイズが死んだ後、その若者はザクセンの選挙人となり、ニックネームMagnanimousを得ました。王女、その後の選挙人シビラは、クラナハのミューズになりました。

芸術家はそれをサロメ、ジュディス、ダイアナそして愛の金星の女神の形で書いた。画家のクラナッハは、ザビールのための豪華な服と派手な服を発明しました。暗い斜めの目をした細い赤い髪の少女は美の標準となり、長年の間ドイツの芸術家やザクセンの詩人は彼女の美しさを称賛していました。



Sibilla Klevskaya王女 – ルーカス・クラナック