Sekiguti – Utagawa Hiroshige地区の水道近くの椿山にある小屋「Basean」

Sekiguti   Utagawa Hiroshige地区の水道近くの椿山にある小屋「Basean」

彫刻の中心には、首都に飲料水を供給するためにbakufuの順序で建てられた最大の神田水路があります。井の頭の池で始まり、さらに神田川の河床に沿って関口のダムにたどり着きました。関口大間地としても知られるようになりました。1677年から1680年まで、Igakodzukeからのdaimo Todo家族はダムと堤防の修理に従事していました。この県で大名を務めた芭蕉は修理に参加した。ここで彼はこの場所専用の俳句を折りました。

バスの死後50年、この場所にリュージュの小屋が建てられました。運河近くの丘の上の右側に描かれています。その背後には、18世紀の有名な詩人である芭蕉の小屋である、バサンの名前がついています。古くから多くのツバキがこの山で育ちました。それが椿山という名前です。しかし、広重の彫刻では、桜だけが咲いています。つばきまの頂上には、神田水神社水神の水神専用の水神社があり、神田水水運河の水を守っていた 後期版の彫刻で運河沿いの道路の色を大きく変えた。それは遠い海岸の道と同様に薄茶色になりました。背景の畑の土は灰色を帯びていた。一番上のボカシストリップの色が変わりました – 赤ではなく青です。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

Sekiguti – Utagawa Hiroshige地区の水道近くの椿山にある小屋「Basean」