Saint-Marie – Vincent Van Goghのボート

Saint Marie   Vincent Van Goghのボート

マスターヴィンセントヴァンゴッホによって認識されているこの壮大なキャンバスを書く方法は、彼の他の作品を書く方法とは非常に異なります。ここでは、視聴者はそれが無差別に広いストロークを区別するための通常の見ていない、絵は明るさ、風通しの良い、細部が慎重に書き出されていっぱいです。芸術家は静かな浜辺を描いていて、そこにボートがあります。

ゴッホは絵画「サントマリーの浜辺の漁船」を書くために非常に明るくジューシーな色合いを選びました。色とりどりのボートは金色の砂と透明な青い波を背景にした数多くの花でいっぱいです。空は明るい白い雲で覆われています、それは強い風がすぐに吹くようになるという感覚を作成します。

ビーチから少し離れた場所にある船は、輪郭の輪郭を描いて、きちんとはっきりと書かれていました。彼らのマストとタックルの芸術家によって描かれる十分な詳細。注意深い観察者は、金色の箱が太陽の下で輝くのに気づくかもしれません。そして砂の左にもう一つあります。

波が強くなってきています、すぐに彼らはボートに乗ってそれらを海の中まで運びます。ヴィンセント・ヴァン・ゴッホは「サン=マリーの船」という絵の中に一人の人物を描いたわけではありませんが、キャンバス要素の合理性と意味のある感覚は、ちょっとの間視聴者を離れません。人間の手によって作成されたすべての自然とオブジェクトは生きている著者によって示されます、そして、ある種のすばらしい生き物のように、ボートは広大な海を通して危険に満ちた道を作ることに決めます。



Saint-Marie – Vincent Van Goghのボート