S. M. Dragomirova-Lukomskaya – バレンティンセロフの肖像画

S. M. Dragomirova Lukomskaya   バレンティンセロフの肖像画

最初の絵の制作中にソフィア・ミハイロフナと知り合い、セロフはさらにコミュニケーションをとり、10年後、彼は別の肖像画を書きました。

もう一度言いますが、Sofya Mikhailovnaの顔には悲しみがありますが、今度はそれは気分ではなく心の状態であり、人格の特徴です。これは悲劇的な眉骨折、表情豊かな悲しげな目、「質問をしているかのように、答えられないまま行く」ような「話す」外観によって証明されます。



S. M. Dragomirova-Lukomskaya – バレンティンセロフの肖像画