Rue de la Mashinルーベシエン – アルフレッド・シスレー

Rue de la Mashinルーベシエン   アルフレッド・シスレー

パリコミューン崩壊後にここに引っ越してきたLouviesen地区のSisleyに魅了され、彼の作品の風景シーンのためのより良い場所を見つけることは不可能であることにすぐ気付きました。アーティストとしてのシスレーの現在の形成が起こったのはこの分野にあったと考えられています。

「ルー・デ・ラ・マシン、ルーベシアン」は、印象的な方法で夕日に近づく冬の日の気分の特徴を伝えるという芸術家の才能を証明する写真の1つです。観客がすぐに注意を向けているのは、木が「冬のように」見えず、周囲に雪がないという事実にもかかわらず、共鳴の冷たさがはっきりと感じられる雰囲気です。

シスレーは細部の精巧さには焦点を当てていないが、アーティストはイーゼルを取り付けたばかりで、写真家として、彼は好きなプロットの絵のような眺めを捉えた。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

Rue de la Mashinルーベシエン – アルフレッド・シスレー