P. A. Kikin – Karl Bryullovの肖像

P. A. Kikin   Karl Bryullovの肖像

皇帝陛下国務長官。彼はチェボタレフ教授のもとでモスクワ大学の寄宿学校で勉強しました、彼はSemenov連隊の軍曹として記録されました、1812年に任命された一般的だったトルコ戦争に参加しました。

1820年、P。A。Kikinは、王子I. A。GagarinとA。I。Mamonovと共に、農村産業の改善を紹介し、Shishkovによるとモスクワで救世主大聖堂の建設を提案した。

彼がその時卒業したすべての学生の中で最も才能があったという事実にもかかわらず、P。A. KikinはK. Bryullovが社会を犠牲にしてイタリアへの長い出張を得るのを助けました。この奇妙な状況は、アカデミーの終結の直前に、Bryullovが彼の外国旅行の質問を遅くするために遅くしなかった学術当局と口論したという事実によって説明されます。P. A. Kikinの肖像画は、Brullovのアスファルトの乱用に苦しんだ結果、その絵はひどく「枯れた」。

M. Zheleznovによれば、「Bryullovはその後、この非常に黒くなった肖像画に不満を抱いたが、彼は彼が似ているように見え、そして定期的に塗装した」と述べた。顔に焦点を当てて、BryullovはKikinの特徴である、類似性と鋭さによって説得力のあるものを与えました。



P. A. Kikin – Karl Bryullovの肖像