NipporyのSuvanolaの丘

NipporyのSuvanolaの丘

1205年に建てられたスバメジン神社の聖域は、2つの隣接した地域 – ヤナカとニッポリの守護者と見なされました。南からヤナック菅野寺の門の門からスヴァメジ神社があるスヴァ丘まで、日暮里の壮大な景色を眺めることができます。

広重寺自体は描かれておらず、隣接する庭園のみを示しています。やや急な斜面は浅草と三河島の村にも通じています。水田の後ろ、左側に向かって右に日光山脈と両頭のヌクバヤマがあります。スバの高さは、広重の彫刻に見られるように、さくらの開花を賞賛する人々の膨大な数を引き付けました。

庭園は一年中交互に咲いていました。注意しなければならないのは、芸術家は山の実際の縦横比や輪郭に従わず、地形の認識として重要な地形の正確さではなく、同時代の人々の間に多くの関連性を築いていることです。Suwamedzin寺院の南には、美しい冬の風景で有名なDzekoin寺院がありました。

この彫刻の2番目のバージョンは書き直されました。前景の濃い青の帯は、背景のまま、道路の青い色に変わります。第1の実施形態では、遠くの計画はグリーンライフを有する。地平線上の真っ赤な空が一番上のボカシの濃い青の帯に変わります。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

NipporyのSuvanolaの丘