Jean-Marc Nattierは有名なパリの王朝の芸術家であり、彼の父親はパリの絵画と彫刻のアカデミーの会員でした。芸術家自身はルイ14世によって早くから気づかれ、マリー・ド・メディチの歴史のための素描と彫刻の実行の