Monmagny – Maurice Utrilloの屋根

Monmagny   Maurice Utrilloの屋根

これはユトリロの最高の初期の絵画の一つです。1902年にスマンヌ・ヴァラドンが息子への絵を教えようとしたのは1902年のモンマンジーで、彼を彼の中毒からアルコールに転用するためでした。ウトリーリョは街の屋根の上の窓からの美しい景色と遠くに伸びる高い工場パイプのモザイク織りを描いた。

前景には、木の枝が遠近感に広がり、背景の産業景観と調和して融合しているのが見えます。家々は濃い色だが落ち着いた色で描かれており、濃い色が普及しているためにやや暗い色に見えることさえある。風景の暗い要素は明るい空とはっきりと対照的です。

印象派とは対照的に、ユトリロは風景の細部に光の演劇を捉えようとはしませんでした、この期間中彼はまだそのように色の可能性だけに興味を持っていました。このキャンバスに描かれた絵の具は、幅の広いブラシストロークを使用して、混合せずに純粋な形で適用され、全体の絵は「一回で」書かれています。



Monmagny – Maurice Utrilloの屋根