Messalina – ギュスターヴ・モロー

Messalina   ギュスターヴ・モロー

MessallinaはClaudius Octaviaの母であるClaudius皇帝の第3の妻であり、有名なBritannica(力強くて影響力のあるローマの女性)は彼女の多淫な性格のために子孫によって覚えられています。彼女の夫を変えることは彼の欲望を満たすために売春婦の装いの下でlupanarieに来ました。

かつて彼女は有名なローマの売春婦Scyllaと競いました。そのような競争を夜に始めたので、Scyllaは午前中に続けることができず、夜に25人の男性を連れて行った。Messalinaは、50人の顧客にサービスを提供するまで、さらに多くのことができました。このジャンルのシーンは、どうやら私たちをローマのルパナールの雰囲気に陥れます。Messalinaの体は冷たくて美しいです。



Messalina – ギュスターヴ・モロー