Kebasi BridgeとTakegashi Quay – 歌川広重

Kebasi BridgeとTakegashi Quay   歌川広重

Kebasigawa川はHattebori運河の上流と呼ばれ、江戸湾方向への船の通行に役立った。Kebasigawa川にかかる橋はKebasiと呼ばれていました。彼は江戸最古の一人でした。日本橋のように電球の形をしたブリッジノブの手すりに。川の下流の北岸は、Takegashi Quayと呼ばれていました。竹を売っている卸売店があり、房総半島やos助の国から筏で供給されていました。

そのようないかだを目に見える彫刻で。竹は堤防の上に積み重ねられ、その結果、竹の壁が形成されました。壁の高さは広重によって非常に誇張されています。橋の前には竹製品の入ったボートがあります。遠くには、すみやばしとシラオバシの橋が見えます。さらに向かい、橋を越えて左岸には、Honhat-tebori地区があります。満月の光の中で、橋は町の人々のグループを通り抜け、そのうちの一つは彼の手にランタンを持っています。

Sibuy Kiyoshiがランタンの碑文を解読しました。これは、シリーズでHiroshigeと協力した彫刻家Ekogava Horitakeの名前です。両方のシートで、濃い青色の帯が前景の川のコースを横切って走っています。それ以降のバージョンでは、牛は橋の向こうの海岸と空に沿って日陰にされています。月の周りに青いハローが現れます。カルトゥーシュの色も変わります。



Kebasi BridgeとTakegashi Quay – 歌川広重