Juelich公国の占領 – ピーター・ルーベンス

Juelich公国の占領   ピーター・ルーベンス

フランドルの画家ピーターポールルーベンスの絵画 “Juelichの公国を取って”。絵のサイズは394 x 297 cm、油、キャンバスです。1620年代初頭、ルーベンスは有名な絵画「救世主の肋骨の穿孔」を執筆し、最後に1622年から1625年にかけて、フランスの女王マリア・メディチが依頼し、24の寓話的および歴史的内容の絵画を飾った。これらの絵画のスケッチはミュンヘンピナコテークとエルミタージュ美術館に保管されています。

マリアメディチの生涯と彼女の王室支配の成功についての絵のサイクルはフランスの支配者を記念してルーベンスに一種の絵のようなオードです。ジュリア公国。XI世紀に、Juelichと近くの土地はNedlotringerskimiの公爵と最初に家臣関係にあったそれから帝国のグラフの権利を受けたグラフによって支配されました。

1511年、ウィリアム4世公爵は自分の所有物をすべて、彼の唯一の娘マリアに委ねました。彼はヨハン、クリーブ公爵と結婚しました。このようにして、Julich、Berg、Kleveの各都市の結びつきが起こりました。1609年、最後のクリーブス家の子孫であるデューク・ヨハン=ヴィルヘルムの死によって、クリーブの遺産であるユリッヒへの戦争が始まった。



Juelich公国の占領 – ピーター・ルーベンス