Holofernesの頭を持つジュディス – Cristofano Allori

Holofernesの頭を持つジュディス   Cristofano Allori

Holoferneがパレスチナに侵入したとき、Judithという名前の若くて美しい未亡人が彼の野営地に侵入し、彼に酒を飲ませてから彼の頭を切り落とし、そして彼女の人々の大きな喜びにトロフィーをもたらしました。

この強い個性は多くのルネッサンスの芸術家を魅了しました。彼女は、女性の役割について別の見方をし、攻撃性と勝利への意欲を示しました – 当時は女性にとって珍しいと考えられていた資質。ジュディスとアローリーは非常に美しく、彼女の顔は官能的で、同時に厳格です。彼女は私たちの前に立っていて、自分の目標を容易に達成したヒロインとして自分自身をはっきりと認識しています。しかし、女性の純粋さと優雅さは、彼女の容姿と行動の矛盾をいっそう不安にして刺激的にします。

残酷な暴君の切られた頭 – 野蛮人の暗い頭 – はジュディスのブロケードドレスの背景に対して際立っており、彼女の優雅な頭とははっきりと対照的である。コントラスト感は、アーティストが両方の頭をほぼ同じ垂直に置いたという事実によって高められます。年配のメイドの顔は、ジュディスと死んだホロフェルネスの顔と対照的です。彼女の畏敬の念を起こさせる視線は、ジュディスがした偉業の大きな意味を理解するのに役立ちます。

緑豊かな服の下で、それでもひどい行為を決心した非常に若い女性のもろい体が推測されます。彼女のドレスはとても高価で豪華に見えます。Mannerismの一貫した熟練者であるAlloriは、高価な布地の素晴らしさを楽しく描いていましたが、Judithのアシスタントである老婦人のおびえた顔を囲む単純な記憶された頭飾りは、画像でもっと思い出深いものです。



Holofernesの頭を持つジュディス – Cristofano Allori