Grunwaldの戦い – Jan Aloisy Mateiko

Grunwaldの戦い   Jan Aloisy Mateiko

巨大なキャンバスで、芸術家は十字軍の軍隊とVladislav Jagailo王によって率いられた統一されたポーランド – リトアニア – ロシア軍の間のGrunwaldの町の下の分野で、1410年7月15日に起こった歴史的な戦いの最後の瞬間を描きました。

個々のエピソードから、戦いの異常に鮮やかな絵が起こります。アーティストは、それがまるで「イベントの濃い」からのように見えます。Mateikoは作曲の中心部で、Vitold王子を威勢のいい競走馬に乗せました。ウルリッヒ・フォン・ユンゲンゲン – 左は敵の秩序の大マスターの打撃を受けた。

大聖堂にはウラジスラフ王ハギエッロがいます。彼は戦いの進捗を注意深く見守っている。外側の混沌とし​​た絵の遠近法構築を奪われて、Mateykoは実際に非常に慎重に働きました。視聴者は、敗北した軍の残党が、彼らが攻撃された目に見えない深さから、勝者の軍に追いついて、撤退しようとしているという印象を持ちます。



Grunwaldの戦い – Jan Aloisy Mateiko