Etude “Figures” – アントニオ・カナレット

Etude Figures   アントニオ・カナレット

18世紀の都市の見解は、それは人間の姿を復活させることにしました。カナレットはこの伝統に忠実であり続けた。よく見ると、彼の絵に描かれている人物は特定の人格ではなく、タイプ – ゴンドラ「一般的に」、貴族「一般的に」、司祭「一般的に」、主婦「一般的に」などです

すなわち、各キャラクターは、個々の特性ではなく、スーツやジェスチャの一定のセット(たとえば、スケッチ「数字」など)によって特徴付けられます。大きなキャンバスでも、この行動に参加している人物は匿名で一般化されたままです。彼らは自分たちの生活をしているのではなく、単に社会的なサインやラベルを表す芸術的な空間を「占有する」のです。

同時に、カナレットの多様性の中でヴェネツィアの社会生活を示したいという願いは疑いの余地がありません。これは彼の「英語」の絵によって確認されていますが、それは – 人物像の点で – さらにより大きな模式図によって異なります。



Etude “Figures” – アントニオ・カナレット