Derik生まれ – Hans Holbeinの肖像

Derik生まれ   Hans Holbeinの肖像

Hans Holbein the Youngerは、13世紀に組織されたHansaの支店であるLondon Steel Yardの商人 – ドイツ商人協会のためにかなりの数の素晴らしい作品を演奏しました。ホルベインの時に、彼は特に王に大きな政治的影響力を持っていました。

Deriha Bornの「Steel Yard」メンバーの肖像画は非常に鮮やかに作られているので、彼への碑文は偽りではありません – 「あなたが彼に声を提供するなら、それはDerik自身であり、あなたは画家か親がそれを作成したかどうか疑うでしょう」ホルベインは自分自身をお世辞にしないし、イメージの驚くべき活力を誇張しない。

芸術家は知性を静かに描き、商人Derik Bornの若い顔に自信を置き、自尊心を込め、そして視聴者に向けられた知的な表情は、彼がこの人物の珍しさを感じるようにします。

肖像画は、アーティストHolbein the Youngerの活力、自発性、知性、そして活気に満ちた若い商人のエネルギーを伝える能力を称賛し、ビジネスを楽しんで、喜んでこの世界での生活を楽しんでいます。芸術家にさよならを丁寧に言って、有名に彼のビジネスについて急ぎます、肖像画の芸術のこの傑作に彼らの目が離せない目をとめることができない人々を残しません。

ここにあるすべてのものはとても調和していて、美しく配置されていて、そのような絶妙な色の範囲です。金色の輝く葉が点滅する暗い背景は、若い男性の暗いベルベットの服とは合いません。ここには色はほとんどありませんが、色や色合い、そして芸術家の神への贈り物は、そのような明るくカラフルな肖像画を作成することを意味します。



Derik生まれ – Hans Holbeinの肖像