DavidがSaul – Rembrandt Harmens Van Rhineを演じる

DavidがSaul   Rembrandt Harmens Van Rhineを演じる

レンブラント・ハーメンス・ファン・レイン – オランダの最大の画家、彼の作品には、現実の現実的な反映、霊性、そして現象やイメージの深い個性化が反映されています。卓越したスキルと最高のイデオロギー的内容で、彼は様々なジャンルで働きました。彼の作品では、彼は歴史的、聖書的および神話的なジャンルを反映することができただけでなく、肖像画、静物画および風景のジャンルで働いていました。

最も有名なのは聖書のジャンルの絵です。これらの絵のうちの1つは「David Plays King Saul」です。羊飼いのダビデは、サウル王の身代わりで、より厳しくなりました。より固定音楽家として知られるようになりました。

メランコリーは王を圧倒し、ハープでのダビデの試合だけが彼をこの状態から救った。この写真は、ダビデが自分の楽器で音楽を演奏し、サウル王がこの美しい音楽を慎重に聞いている瞬間を表しています。王の姿は絵の大部分を占めており、それはその重要性と意義を示しています。彼は国の東洋の王室の服に身を包んでいて、その頭にはターバンがついています。

赤いマントは王の力について語っています。彼は落ち着いた落ち着いた姿勢で座ります。放棄された視線で、ソールは憂うつな状態から気をそらそうとします。写真の右側には、ハープを弾いているDavidがいます。彼の姿は王の姿ほど重要ではありません。しかし、あなたがミュージシャンを見れば、彼がハープを弾くのを楽しんでいるだけでなく、サウルの希望を満足させているという彼の顔で見ることができる、彼は狡猾で頭がいい。

王が平和の状態にある間、ダビデはどのようにゴリアテを打ち負かしてイスラエル – ユダヤ人国家の王になることを考えています。絵の着色は暖かく、レンブラントの絵画の典型です。暗い背景には、キャラクターの姿はリアルに見えます。これは画家としての彼の技能を証明し、そしてマスタープロットプロットとして、芸術家の素晴らしい作品です。



DavidがSaul – Rembrandt Harmens Van Rhineを演じる