Christoffel Plantin(ChristoffelРlantin)の肖像 – ピータールーベンス

Christoffel Plantin(ChristoffelРlantin)の肖像   ピータールーベンス

Christoffel Plantinは、フランスの書籍プリンター、アントワープのプリントハウスの創設者であり、聖書の出版社です。肖像画の作成日が正確に設定されていません。ルーベンスはプランタンよりずっと若く、おそらく利用可能な絵画やイラストに基づいて肖像画を描いた。しかし、同時代の人々はその肖像画の並外れた真実性に注目していました。

プランタンはカンヌで製本と製本を学び、アントワープを製本業者として定住させました。手の怪我で私は製本を去り、彼は活版印刷を始めました。彼の多くの版は優れたイラスト付きでした。彼は最初に木版の代わりに本の彫刻に銅板を使用しました。旧約聖書と新約聖書の原文の聖書は、すべての版の中で最も重要かつ必要なものです。裁判所の反対にもかかわらず、スペインのフィリップ2世王はクリスチャンバイブルの出版を支持しました。

それは8回出版されました。アントワープがスペイン人に襲われ、プランタンが多額の税金を払わなければならなくなったとき、彼はパリに向かって出発し、ライデンの新しい大学に印刷所を開いた。アントワープには小さな印刷所があります。プランタンの義理の息子が彼女を運転した。1585年、プランタンはアントワープに戻った。

彼の死後、アントワーププランタン – モレトゥス印刷事務所は17世紀後半まで働いていました。Plantinの子孫は何年もの間建物と設備を慎重に保管してきました。1876年に アントワープ市がすべてを手に入れ、そこでプランタン=モレトゥス博物館を創設しました。



Christoffel Plantin(ChristoffelРlantin)の肖像 – ピータールーベンス