Baudouin de Lanoy – Jan van Eyckの肖像

Baudouin de Lanoy   Jan van Eyckの肖像

絵画 “Baudouin de Lanoyの肖像画”はオランダの画家Jan van Eyckによって約1435年に描かれました。ヤン・ヴァン・エイクの肖像画の中の男と瞑想的な始まりと同時に瞑想の目的の担い手。彼は行動せず、特定の感情を示さない。それは宇宙の一部として視聴者に見せられます。

したがって、顔は静物の細部で伝達され、長い固定された外観はアニメーションではこの顔にとってほとんど不自然です。明らかに、この種の肖像画は長い間存在することはできませんでした。人間と世界との間の、この熟考者と熟考の対象との間のこの動いている均衡を、その発展の過程で生かした、個性を識別するというルネサンスの原則は、イメージにおける個人の個人的特徴を強化し、そのような均衡を乱さなければならなかった。

実際には、似たような過程が肖像画だけでなく起こった。祭壇の構成はまた具体的な現実の特徴と野外観察とそれらの世界観の統一の段階的な混乱を著しく強化します。しかし肖像画では、このプロセスはより速くそしてより明白な形で進行しました。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

Baudouin de Lanoy – Jan van Eyckの肖像