Baldungハンズ

慎重さ(鏡と蛇を持つ女性) – Hans Baldung

ハンス・バルドゥン・グリーンは非常に独特の名人であり、そのルネサンスの特徴は中世の象徴、ファンタジー、そして新興のマネリズムの要素と複雑に絡み合っています。 一般的な中世の絵画には象徴がいっぱいです。ルネッサンスは芸術に古代をもたらし、美徳と悪徳についての多くの芸術作品が登場しました。彼らはしばしば反対した。多くの作品は美徳に的を絞っています。

マドンナとオウム – Hans Baldung

同様の絵画と彫刻のワークショップは、15世紀後半のウルムの達人 –

Piram and Thisbe – ハンス・バルドゥン

16世紀のドイツの芸術で人気のある珍しく解釈されたBaldung Green。変容の中でOvidによって語られたPyramusとThisbyの物語。原則として、最終的なテビスバの自殺を描いた彼の同世代の人とは異なり、Baldungはテーベに黙って死んだ恋人の上に立っているという伝説の重要でない瞬間を選びました。

前夜、蛇と死 – ハンス・バルドゥン

ハンス・バルドゥン・グリーンは非常に独特の名人であり、そのルネサンスの特徴は中世の象徴、ファンタジー、そして新興のマネリズムの要素と複雑に絡み合っています。 彼と個人的に親密な関係にあったDurerによると、Baldung

エジプトへのフライトで休む – Hans Baldung

しかし、とりわけ、聖人、キリスト、天使、そして特にメアリーの異常に鮮やかな顔はより表現力豊かです –

アリストテレスとフィリス – Hans Baldung

「アリストテレスとフィリス」を彫刻します。ヨーロッパの中世には、アレキサンダー大王の教師であり指導者であった偉大なギリシャの哲学者アリストテレスについての人気の伝説がありました。彼の若い生徒がどのようにして美しい礼儀正しいフィリスに過度に熱心であるかを見て、アリストテレスは強い情熱は男性にとって悲惨なことになるかもしれないと警告した。 怒っているフィリスは、年配の哲学者に復讐することを決心した。彼女はすべての栄光の中で彼の前に現れました。礼儀正しい人は劣っておらず、愛の証明として、馬を描くために哲学者に申し出ました、そして、彼女自身はライダーになるでしょう。四つんばいになった哲学者の情熱に圧倒されて、彼はフィリスに抱かれて、そして彼の頭の上に彼の鞭を振って、馬に転がった。

3歳の男性 – ハンス・バルドゥン

絵画「人間の三歳」の中で、4つの人物は3つの年齢サイクル、人間の生活の3つのステージの寓意を表しています。死は彼の手に砂時計が付いた骨組みとして描かれています。絵は眠っている赤ちゃん、若い女の子、そしておとなしい老婦人を特徴としています。 グリーンという愛称で呼ばれるBaldungは、多作なアーティストであり、この写真の女性の身体の現実的な描写は、彼が慎重にヌードを勉強したことを示しています。彼の先生AlbrechtDürerのように、Hans

音楽のアレゴリー – Hans Baldung

15世紀のドイツの彫刻では、ルネサンスによってもたらされた人間の意識の大きくて深い変化が現れ始めています。これらの変更は主にその2つの最も重要な機能に反映されています。これらのうちの最初のものは、あたかも古い敬虔さと素朴な高揚した信仰を保持したいという願望から生まれたかのように、古いゴシック体は慎重にそして誇張されているということです。 しかし、この頃には中世の見解がすでに大きく損なわれていたという事実のために、かつて有機的な形の中世ゴシックは今や機械的、人工的な色合いになり、しばしば純粋に外的で洗練されたそして巧妙な装飾技術に変わっています。15世紀のドイツの彫刻の2番目で最も重要な特徴は、直接的な人間の感情、周囲の現実への芸術家の注意、そして人の生きているイメージへの注目の個々の現れを示すことです。絵画のように、これらの新しい特徴は15世紀のためにここにあります。現実的な原則の一貫したシステムを形成することはありません。

女性の3つの時代と死 – Hans Baldung

どのように情熱的にグリーンが人生を愛したかは、少なくともそれが死の問題によって占められていた程度から見ることができます。Baldungの死の問題と密接に関連して官能性の問題があります。彼は肉体の美しさとその枯れの恐怖の両方において、肉体に深く関心を持っています。 「女性の3つの時代と死」はハンス・バルドゥン・グリーンによる最も有名な絵です。さまざまな時代の芸術家のお気に入りのテーマは、人の年齢、若さ、老年、美しさ、そして人体のしおれの象徴的な描写でした。

聖母子 – ハンス・バルドゥン

絵画「聖母子」は芸術家の仕事の後期に書かれており、それは主に装飾的な細部と抑制された色域の欠如で初期の構成とは異なります。 暗い背景の中で、すでに幼児に栄養を与えていた若くてきれいな女性は思考が深く、そして赤ちゃんは静かに眠りに落ちました。彼女の顔には悲しみはありませんが、黒い背景は不安の予感です。マドンナは地上の女性、彼女の子供の運命について常に心配している若い母親として描かれています。神の母のイメージのこの解釈はルネッサンスの偉大なイタリアの芸術家によって影響されます。しかし芸術家は彼自身に忠実であり続け、彼はイタリアの巨匠の作品を模倣することはせず、そして彼のオリジナル作品を創作した。