Arkolsky橋11月17日 – アントワーヌGrosのBonaparte

Arkolsky橋11月17日   アントワーヌGrosのBonaparte

芸術の歴史の中で、アントワーヌ・グロは、その作品が戦闘のジャンルに大きな変化をもたらしたマスターとして、そしてロマンチックな時代の新しいヒーローのイメージを描くことに体現した最初のアーティストの一人として入りました。パリで生まれたGrosは、父親であるミニチュアリストから最初の芸術レッスンを受け、その後Davidと、パリのRoyal Royal Academy of Painting and Sculptureで学びました。

ナポレオン時代にはグロスはボナパルトの公式画家となりました。常に戦争と政府問題に従事していた彼の後援者のように、アーティストもナポレオンの行為を永続させようとして彼の作品に急いで、彼は長い間絵に取り組んでいませんでした。

絵画 “11月17日のアルコル橋のボナパルト”では、ナポレオンは戦いの最も困難で決定的な瞬間に不死化されています。彼は軍隊を見つめて冷たい、決定的な表情で旗を上げることを描かれています。そして、それは最後の決定的な投球に彼らを呼びました。

ガウによって作成された画像はナポレオンのすべての画像の中で最もダイナミックになりました。これは、コマンダーの最も鮮明なイメージの1つです。そこでは、アートで初めてニューエイジの男性が体現されました – 生まれたロマンチックなヒーロー。他の有名な作品: “ボナパルトはヤッファと1799年3月にペスト病院を訪問します。” 1799年、ルーブル美術館、パリ。”1807年2月9日のEylauの戦いでのナポレオン”。1807.ルーヴル美術館、パリ。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

Arkolsky橋11月17日 – アントワーヌGrosのBonaparte