Anthony of the Mother Anthony – ピエールオーギュストルノワールの居酒屋

Anthony of the Mother Anthony   ピエールオーギュストルノワールの居酒屋

「学校を卒業した後、青春の幸せな日々に、シスレーとルノワールは一緒に多くの時間を過ごし、セーヌ川の旅をしました。彼らはパリの郊外の野外で書いた。

そのような場所の1つに、Marlottで、ルノワールとシスレーは定住しました、そして、ここで彼らはMatushka Anthonyの居酒屋に集まりました。ここでルノワールは集団肖像画と呼ばれることができる絵を描きました – 「マザーアンソニーの居酒屋」。

この居酒屋の壁は、古い愛人がここに避難していた芸術家によって描かれました。彼女は舞台裏でルノワールによって描かれています。プードル・トトが写真の最前線を占め、そしてテーブルにルノワールは彼の友人アルフレッド・シスレーを書いた。彼は右手でテーブルの上に寄りかかった。そこでは、新聞「L’Evenman」の数が載っていた。そこでは、ZolaはSalonの陪審に対して、そして新しい絵と新しい芸術家を擁護する情熱的な記事を発表した。この絵はG. Courbetの明確な影響を受けて描かれており、その中にはアーティストの注意を引く日常の詳細が数多く含まれています。

将来的にはもっと簡潔になるでしょう。ここでの唯一のゆるい配置の人物は、別の訪問者と話している観客から半回転しているシスレーです。

シスレーのリラックスしたポーズの中で、ルノワールがシスルのもう一つの世界的に有名な肖像画を彼の妻と共に開発する1868年に書かれた、肖像画の自由な複合構成のラインが計画されています。」



Anthony of the Mother Anthony – ピエールオーギュストルノワールの居酒屋