Anthill – パヴェル・リチェンコ

Anthill   パヴェル・リチェンコ

そしてこの絵では、三部作「悔い改め」の3分の1、同じ英雄が描かれていますが、すでに僧侶、老人になりました。彼が去った全世界、彼の過去の全人生は彼にとって蟻塚のようです。

そして、彼は愛と同時に悲しみとに見えます。そして、この騒ぎがどれほど無意味で祈っているかについて考えて、この蟻塚でまだ嗅いでいる人たちに物乞いをします。



Anthill – パヴェル・リチェンコ