5頭の馬が馬小屋でクループになって – Theodore Gericault

5頭の馬が馬小屋でクループになって   Theodore Gericault

この絵を描くために、Géricaultはヴェルサイユにある王室の厩舎で働くための特別な許可を受けました。芸術家は家畜の行動を観察しながら、厩舎で6〜8時間過ごします。彼は、馬の人物の個々の断片を最大限の精度で描写することに特に注意を払っています。

連続して数日間、芸術家はたてがみとしっぽを別々に描くことに忙しく、そのテクスチャを明確に伝えるためにほとんどすべての髪を慎重に書き出しました。Gericaultが狂気的に馬に捧げられていることを忘れないでください。画家によって選ばれた動機は芸術界で混乱を引き起こしました。

初めて、芸術作品は馬のひき割り穀物によって表されました。さらに、Gericaultはこの見通しがとても絵に描いたようで自給自足であると考え、説明の詳細を加えなかった。このため、批評家はこの絵の動機を歴史的および神話的主題のキャンバスに見られる「貴族」のランクに上げることが特に大胆であると考えました。しかし、芸術家自身がテーマは二次的であると繰り返し述べてきました、ここでの主なものは実行のスタイルとテクニックです。

興味深いことに、この絵は芸術家の同僚の間で理解を見出しました。Delacroixは、Géricaultが最も平凡なものでさえ「本当に崇高な」ものに変えることができるという事実を賞賛して述べています。


1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...

5頭の馬が馬小屋でクループになって – Theodore Gericault