5番目と6番目のアザラシの開封 – Albrecht Durer

5番目と6番目のアザラシの開封   Albrecht Durer

「5番目と6番目のアザラシの開封」という彫り込みは、ジョン・ザ・ディバインの本「黙示録」の6番目の章の実例です。

「そして彼が五番目の印を取り除いた時、私は祭壇の下で殺された人の魂を神の言葉と彼らが持っていた証しのために見た。月は血のようになった」

「そして、強い風に揺さぶられたイチジクの木のように、天の星が地に落ちて、その熟していないイチジクを落とした。そして空が消えて、巻物のようにねじれた。抵抗?」

6番目のアザラシが取り除かれた後、大地震が始まりました。デューラーは、山がどのように落ちるのかを示しました。割れた石 ブロックが彼女から落ちるようになります。Durerは両方の星に暗い、暗い人間の顔を与えます。鎌鎌月に置かれたひどい男性の顔。月の光線は短剣のように鋭い。太陽の光は蛇のようにねじれます。

彼らは、このようにしてDürerの先生、Wolgemutが彫刻の中に太陽を描いたと言っています。そう、そうではありません。デューラーでは光線 – ヘビ – と光線はまたピークのように鋭いです。そして彼らは黒い色をしています。滅びる世界の上に、鋭い黒い光線であふれている、恐ろしい黒い太陽。巨大な燃える星が地面に落ち、空の燃えるような痕跡をたどります。彼らが空気を切った笛を聞きなさい。”そして空は巻物のように消えた…”。

そのような比喩を見えるようにすることは可能ですか?デューラーにとって、それは可能です。彼は地球を巨大な雲で覆った。それはシートの端から端まで – 世界の一方の端からもう一方の端まで伸びています。そして雲が巻き上げられ、その縁がねじれ、世界の上に形成されるテントが狭くなります。

縮小する世界のイメージは、現代のサイエンスフィクションの本に登場するずっと前から登場しています。そして、崩れようとしている岩の間の、ひどく折りたたまれた空の下で、罪人たちは怖がっています。Durerは、群衆を2つに大きく分けています。左側には単純な人々、右側には注目すべき人物がいます。絶望している平民は天に手を上げます。年配の女性が自分の体で子供を覆うことを試みています。そして子供たちは非難することですか? – 黙示録を読んだ人から避けられない質問が起こりました。デューラーは彼への答えを知りません、しかし彼は思いやりのある魂で子供たちを滅ぼすことを描写します。



5番目と6番目のアザラシの開封 – Albrecht Durer