4本の線が付いたグレーのダイヤモンド – Peter Cornelis Mondrian

4本の線が付いたグレーのダイヤモンド   Peter Cornelis Mondrian

1920年代半ばに、モンドリアンは彼の作品の中でよりダイナミックなリズムを表現するためにひし形で絵を描きました。

太さの異なる4本の線に基づくこの絵は、芸術家の最もミニマルな作品の1つです。



4本の線が付いたグレーのダイヤモンド – Peter Cornelis Mondrian